赤ちゃんがそるのはNOのサイン

###Site Name###

可愛い赤ちゃんとの生活は、幸せに満ち溢れているものです。

しかし、子育ては可愛いだけでは終わりません。育児はいつでも親の思い通りにはならないものです。

気持ちがかみ合わず、ついイライラしてしまうこともあるでしょう。



ママはやりたいことが、思うようにはかどらない場合も多いものです。


日々の生活があるので、親の都合もあります。

しかし、赤ちゃんにはそんな都合が分かりません。
このてっとり早いNOのサインがそるという行為なのです。


体全体を突っ張られてしまうと、ママは容易に抱っこが出来なくなってしまいます。

加えて、泣くと言うしぐさが加われば余計です。



これにより、外へ無理やり連れ出すことは困難になるでしょう。

それでもママとしては、どうしても外せない用事があります。

そる原因が分からない場合は、好きなおもちゃやお菓子を用意するなど対策を講じれば外出も怖くありません。駄目そうであれば、必要最低限の用事だけ済ませるようにしましょう。

ただ、優先すべき事柄でなければ赤ちゃんの気持ちに寄り添って過ごすことも大事です。

赤ちゃん側にも当然都合があります。
そるという行為は赤ちゃんにとっての最終手段です。
どういう意味を持つサインであるか、何がそんなに嫌なのかを感じ取ってあげます。

ママは、行動が縛られてしまうと感じることもあるでしょう。


実際それはそうなのですが、乳幼児期は一瞬で過ぎてしまいます。



貴重なこの時期を大切に育みましょう。