赤ちゃんの夜泣きの原因、その対策について

###Site Name###

赤ちゃんは泣くのが仕事と言われるように、時や場所に関係なく泣いてしまいます。赤ちゃんの夜泣きは1歳でおさまったり遅い子だと2歳になるまで続いたりとそれぞれです。

その原因はお腹が減っていたりおむつが濡れていたりがまず考えられますが、熱があったり寂しかったり不安だったりお昼寝をしすぎてしまったりママのストレスを感じてしまったりと色々なことが考えられます。

はっきりとした理由はまだ分かっていません。


でも何かのサインを出していることは確かなので注意深く観察してその理由を探ってあげてください。
次に夜泣きしてしまった場合の対策ですが、これもいろいろな方法があります。



まず、早寝早起きの習慣をつけてあげることです。

寝る前に必ずやることを決めてそのあとに寝かしつける事を続ければ赤ちゃんは次第にこれをやったら寝ると覚えていきます。
あとはスキンシップととってあげるといいです。

抱っこしたりマッサージをしてあげたり背中をトントンとしてあげたり時には授乳をしてあげるのも良いと思います。



子守唄を歌ってあげるのも効果的です。

ママが近くにいると感じることによって安心して眠りにつけます。

最後におもちゃを使う方法もあります。

代表的な物だとおしゃぶりですね。


昼間おしゃぶりを使っている場合寝る時におしゃぶりがないのが不安で夜泣きしてしまう場合も考えられます。



あと最近はお休み用のぬいぐるみというのがあります。

赤ちゃんがリラックスできる音が流れて見た目も可愛いので赤ちゃんも喜びます。